「被災地の水産加工業 経営者たちの闘いの記録」上映会

東日本大震災で会社が流され、今も七転八倒しながら頑張っている経営者の戦いのドキメンタリーの上映会が11/29(火)に東京駅の近くであります。

「被災地の水産加工業 経営者たちの闘いの記録」上映会

日 時: 2016年11月29日(火) 19:00〜21:00(開場18:30)

会 場: 大竹財団会議室(東京都中央区京橋1-1-5セントラルビル11階

参加費: 一般=500円(学生、大竹財団会員=無料)

黎明期からテレビ制作に携わってきた映像プロデューサー・田中敦子さん。

震災直後から現地に入りし、被災した中小の水産加工業者5社を定点観測してきた。

「涙と感動しか求めない今のテレビでは本当のことを伝えられない」と、自費でまとめたのが本作DVD『被災地の水産加工業 経営者たちの闘いの記録』だ。

現在も被災地の復興する過程を撮り続けている。…

 

詳細は被災地の水産加工業 経営者たちの闘いの記録

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

セミナー「土のげんき、野菜のげんき、人のげんき~有機農業が人と社会を変える」

吉田俊道さんを招いて、げんきの市場、(一社)天然住宅、高崎商科大学・前田拓生研究室の三者の共同で、イベントを11月27日(日)に越谷市中央公民館で開催します。

参加申込み

*******

天然住宅 暮らし+リンクセミナー

「土のげんき、野菜のげんき、人のげんき~有機農業が人と社会を変える」

TPP、遺伝子組み換え食品など食をめぐる問題が多様化しつつある中で、昔のような栄養たっぷりの野菜を食卓に並べることが難しくなってきている気がします。

時を同じくして、子供たちの低体温、体調不良、精神の不安定など、人のげんきも失われているようです。

土ごと発酵させる「菌ちゃん農法」の普及に努める吉田俊道さん。

菌ちゃん野菜を食べると体温が上がった

風邪をひきにくくなったという子どもが続出しているそう。

大地とつながる食を通して心とからだは健康になり、

体験を通して不自然な価値観や感覚は少しずつ本来の姿に戻るのだと吉田さんはいいます。

 

吉田さんは、有機農業を通じて、微生物も害虫もすべて私たちの生活に欠かせないということを体感し、地球のすべての命の循環に心が震えるほど感動して、これをなんとしても次世代に伝えたいと、精力的に活動されています。

 

初心者にもできる病害虫の来ない、おいしい元気野菜は田中優も絶賛しています。

そんな吉田さんの野菜づくりの秘密を大公開します。

 

吉田さんの野菜の話を出発点に、田中優が私たちをとりまく食と環境に話を広げ、社会までげんきにできる方法を考えていきます。

 

みなさまお誘いあわせの上、ぜひお越しください。

 

日時:2016年11月27日(日) 14:00~17:00

参加費:1500円(一家族2000円)

お話人:大地といのちの会 吉田俊道

天然住宅 田中優

 

プログラム

14:00~14:10 げんき市場 山下隆豊よりあいさつ

14:10~15:40 吉田俊道さんのお話し

15:50~16:40 田中優のお話し

16:40~17:10 質疑応答・トークセッション

主催:げんきの市場、(一社)天然住宅、高崎商科大学・前田拓生研究室

 

  • 登壇者ご紹介●

吉田俊道さん  daititoinotinokai.web.fc2.com

1959年長崎生まれ。長崎県環境アドバイザー。九州大学農学部大学院卒業後、長崎県の農業普及員に。1996年県庁を辞め有機農家を始める。1999年に「ながさき県北『地球村』」を発足、2003年より「NPO 法人・大地といのちの会」と改め、九州を拠点に生ゴミリサイクル元気野菜作りと元気人間作りの旋風を巻き起こしている。野菜作り、土づくりを通して子どもたちの免疫力を上げる活動も行う。著書「いのち輝く元気野菜のひみつ」「生ごみ先生のおいしい食育」「まるごといただきます」など。

田中 優

1957年東京生まれ。一般社団法人天然住宅共同代表。

地域での脱原発やリサイクルの運動を出発点に、環境、経済、平和などの、さまざまな活動に関わる。2012年末に岡山に移住。2013年5月、自宅では電力会社との電線をカットし電力会社に頼らない太陽光パネルと独立電源システムの生活、「オフグリッド生活」を始めた。現在「未来バンク事業組合」「天然住宅バンク」理事長、「日本国際ボランティアセンター」理事、「ap bank」監事を務める。横浜市立大学、恵泉女学園大学の 非常勤講師。

会場のご案内●

「越谷市中央市民会館」

越谷市越ヶ谷四丁目1番1号

東武スカイツリーライン越谷駅東口下車、市役所通りを徒歩7分。元荒川に差し掛かったところの右側。

 

  • 問い合わせ・申し込み先●

一般社団法人 天然住宅

東京都目黒区中根1ー10ー18 電話03ー5726ー4226

下記ホームページ「申し込み専用フォーム」よりお申し込みいただけます。

http://tennen.org

 

天然住宅って?

長年シックハウス問題などに取り組んできたアンビエックス一級建築士事務所代表の相根昭典 と未来バンク代表で環境活動家の田中優により、地球にも人にもやさしい住まいを提供したいと発足した非営利の住宅会社です。「住宅から社会を変えたい」という思いで、

森を守れる仕組みを構築し、建て主さんは家を建てることで森を守り、森からはそのお返しに建て主さんの健康を守れる木材を提供するという、よい循環を広げたいと活動しています。

 

げんきの市場って?

げんきの市場は越谷・吉川を中心に地場で安全な野菜作りに取り組む生産者と、代表山下隆豊が20年以上の産直運動の中で出会った全国の信頼できる生産者からの農産物を取り扱う販売店です。

以上

**********

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

有機・無農薬の「奇跡のぶどう」

高崎商科大学の「CPC地域志向教育研究」として助成を頂いておりますので、現在高崎市周辺の農業や林業について学生とともに調査・研究を行っています。

その研究の一環で知り合いました桐生市の宮田富男さんが、青森の「奇跡のリンゴ」の栽培方法を応用して、有機・無農薬で「ぶどう」を栽培しています。

宮田さんの厚意で、このたび10/6(木)に、学生を連れて「ぶどう狩り」に参りました。

ぶどう1(宮田さん).JPG

ぶどう2(宮田さん).JPG

今回は前田研究室と萩原研究室合同で参加し、萩原研究室では本ぶどうを使って「ジャム」を作成する予定だそうです(収穫シーンや宮田さんとの集合写真等は萩原研究室のHPで掲載する予定です)。

非常においしいぶどうで、無農薬ですから、皮を食べても安心です。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

高崎商科大学学園祭「第27回彩霞祭」

本学の学園祭「第27回彩霞祭」は10月15日・16日に開催されます。

本学園祭の スペシャルゲストに声優の柿原徹也さんと村瀬歩さんを招いているようです。

彩霞祭実行委員会HP

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

茨城大学集中講義レジュメ(2016年度)

8月下旬に行う茨城大学での集中講義のレジュメを更新しました。

受講する学生の皆さんは各自必要に応じてレジュメを取得してください。

https://goo.gl/n3OUk4

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

アベノミクスの波及経路

Newアベノミクスの波及経路

講義等のための資料ですから、文章版はなく、パワーポイントのみです。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

日本における住宅の経年減価についての考察

日本建築学会の計画系論文集に下記の論文(査読有)が掲載されました。

主題:日本における住宅の経年減価についての考察
副題:民営借家の家賃統計からの推計
著者:前田拓生
掲載:計画系論文集 NO.722 P.1011 2016年4月

但し、建築学会員以外は1年間web上でみることはできないようです。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ