有機・無農薬の「奇跡のぶどう」

高崎商科大学の「CPC地域志向教育研究」として助成を頂いておりますので、現在高崎市周辺の農業や林業について学生とともに調査・研究を行っています。

その研究の一環で知り合いました桐生市の宮田富男さんが、青森の「奇跡のリンゴ」の栽培方法を応用して、有機・無農薬で「ぶどう」を栽培しています。

宮田さんの厚意で、このたび10/6(木)に、学生を連れて「ぶどう狩り」に参りました。

ぶどう1(宮田さん).JPG

ぶどう2(宮田さん).JPG

今回は前田研究室と萩原研究室合同で参加し、萩原研究室では本ぶどうを使って「ジャム」を作成する予定だそうです(収穫シーンや宮田さんとの集合写真等は萩原研究室のHPで掲載する予定です)。

非常においしいぶどうで、無農薬ですから、皮を食べても安心です。

takuom について

高崎商科大学 商学部/大学院商学研究科 教授、早稲田大学 理工学研究所 客員研究員/エコノミスト/大学教員/金融・ファイナンス、経済統計、非営利事業、環境政策/天然住宅バンク理事【著書】銀行システムの仕組みと理論(単著)、おカネが変われば世界も変わる(共著) 【お願い】執筆、講演等のご依頼は下記(メール)まで。メール:tkmaeda1963@4月@gmail.com(但し、実際に送信する際には「@4月@」を「@」に変更してください)
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中