ハーマン・デイリー「『定常経済』は可能だ!」岩波ブックレット

Facebookの枝廣淳子さんのタイムラインに流れていたので買った本(ブックレット)が面白かった。

ハーマン・デイリー「『定常経済』は可能だ!」岩波ブックレット、¥520+税

現実の金融システムを考慮した場合には「無理」としかいえない政策提言もあるが、総合的には少ない分量(全63ページ)の中で要点をまとめ・わかりやすく書いてあり、読み物としては評価できる(金融の内容の他にも最後の「政策提言」の部分は一般の経済学の研究者からはかなり厳しい評価をされるだろう内容になっている・・・)。

この本で批判の的になっている「限界効用等」を使った経済分析が、私の主なフィールドなので、かなり新鮮な感じで読めた(「絶対的過少性」を考える重要性など)。

例えば、「持続可能性の三つの条件」として・・・

①「再生可能な資源」の持続可能な利用速度とは、その資源の再生速度とを超えてはならない。

②「再生不可能な資源」の持続可能な利用速度は、再生可能な資源を持続可能なベースで利用することで代用できる速度を超えてはならない。

③「汚染物質」の持続可能な排出速度は、環境がそうした汚染物質を循環し、吸収し、無害化できる速度を上回ってはならない(←原発はこの点が補完できていないことになろう)。

上記3つは当たり前ではあるものの、経済分析では結構無視してしまう事柄であり、これからの経済分析ではこれらの点を考慮した考察が求められると感じた。また、「完全雇用が目的で、成長がその手段であったはずなのに、今では成長が自己目的化している」といった部分も共感が持てる。

今後の社会は、持続可能なシステムの上に、雇用を第一義にした経済運営がなされるべきであり、そのための経済分析が求められ、そうした分析の下で政策が行うべきだと考える。

アベノミクスの言うように「成長」は大切ではあるが、経済成長が目的化してしまうと、リカードの比較生産費説に基づいた効率的な自由貿易や安価な労働力を求めて海外に生産拠点を移すようになり、国内の雇用を損なうことがあっても顧みない社会システムになってしまう。

これでは本末転倒であり、社会は豊になっていかない。なので「円安に」というやり方は歴史が示すように国際的な批判を招くだけである。

総選挙を前にして「何が大切なのか」を考えるためにも一読する価値は十分にある本(ブックレット)である。

takuom について

高崎商科大学 商学部/大学院商学研究科 教授、早稲田大学 理工学研究所 客員研究員/エコノミスト/大学教員/金融・ファイナンス、経済統計、非営利事業、環境政策/天然住宅バンク理事【著書】銀行システムの仕組みと理論(単著)、おカネが変われば世界も変わる(共著) 【お願い】執筆、講演等のご依頼は下記(メール)まで。メール:tkmaeda1963@4月@gmail.com(但し、実際に送信する際には「@4月@」を「@」に変更してください)
カテゴリー: ニュースと政治, 経済学基本, 大学関係, パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中