ここから「長期金利1~3%上昇しても懸念はない」のだろうか?

日本金融学会で黒田総裁は「長期金利1~3%上昇しても懸念はない」旨の発言をしたようだ。もっとも「経済・物価情勢の改善を伴えば」という条件付きではあるが、ちょっと時期的にタイミングが悪いように感じる。

金融不安定化の懸念なし=長期金利1~3%上昇でも―黒田日銀総裁

2000年以降、長期金利は1~2%のボックス(下記貼付のグラフ参照)。

国債金利(財務省データ)20130117

したがって、黒田総裁就任後すぐの0.3%台はあくまでもイレギュラー。今の金利上昇は単に0.3%台からの上昇に過ぎず、レベルも1%以下なので、基本的に問題ないと思われる。

しかし、ここから1~3%の上昇となると、下限でも近年の上限値(2%)ということになる。これはかなり厳しい金利上昇といえよう。

また、株価の上昇も、ここにきて上昇方向に対するモメンタムがなくなりつつある時期だけに、この黒田総裁の発言はどうしてもネガティブに強く働くことになろう。加えて、日本の長期金利上昇は円を強くする可能性もあるので、これまでの買い手にとって絶好の手仕舞いシグナルになる。

まぁ、株価はスピード違反過ぎだから「ここで少し冷やそう」という思惑があるのかもしれないが、「長期金利1~3%上昇」は少し言いすぎであろう。

参議院選挙まで「まだ暫く時間がある」ので、株価を現在のような高水準で維持するよりも、多少変動させ、ガス抜きをはかりながら、暴落だけは避けたいという操縦の方が楽と考えた可能性もあるが、それにはかなり高度な技術が必要となる。

今はヘッジファンの解約時期にあたることから、ここでの軽はずみな発言は「ガス抜き」で済まない可能性もあり、十分な警戒が必要かもしれない。

 

takuom について

高崎商科大学 商学部/大学院商学研究科 教授、早稲田大学 理工学研究所 客員研究員/エコノミスト/大学教員/金融・ファイナンス、経済統計、非営利事業、環境政策/天然住宅バンク理事【著書】銀行システムの仕組みと理論(単著)、おカネが変われば世界も変わる(共著) 【お願い】執筆、講演等のご依頼は下記(メール)まで。メール:tkmaeda1963@4月@gmail.com(但し、実際に送信する際には「@4月@」を「@」に変更してください)
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

ここから「長期金利1~3%上昇しても懸念はない」のだろうか? への1件のフィードバック

  1. kenjikatsuragi より:

    Kenjikatsuragi's Blog でリブログ& コメント:
    長期金利、取敢えずは実質値(図表の緑線)は▼です。  実質金利=名目値マイナス期待インフレ率(BEI)。

    http://www.bb.jbts.co.jp/marketdata/marketdata05.html

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中